どーも、どーも
また明日といって、更新しておりませんでした…。

ちょっと…今やっている仕事が落ち着いたら〜

に、します。ごめんなさい!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
リコーダー
こんにちは。

さっき、小一の男の子が、

『あのさー、今日さー、がっかりすることがあった…。』と一言。

『どーしたん?』と私。

『あのね…あのね…今日の朝さー、お母さんがさー、
  
 今日のおやつはおにぎりね。っていってたー』と。

小一のがっかりすることは、やっぱり食べることでした。私もあまり彼とは変わらないかもしれません。先日、欠食児童のように食べるね〜と言われました。デへへ。


recorder.jpg


さて、本題に入りまして。

ライフワン7月からまた色々と動き出します。音楽のワークショップを増やす予定です。
今すでにやっているのは…
①歌を歌う会(クラシック、日本の童謡)
②ウクレレ、ギターを弾く会

7月から新しく始まるものは…
③リコーダーを吹く会
④オカリナを吹く会

最近、ひそかにリコーダーブーム!ピタゴラスイッチを演奏している栗コーダーカルテットとかご存知ですか?おじさん4人で様々なリコーダーを吹くのですが、なかなか…素敵なのです。東京の方ではリコーダーの音楽教室などが流行っているようです。

『もともとリコーダーの中世あたりに存在が知られた。
その後、フルートにその座を奪われてしまったのだが、20世紀に入る頃、イギリスでバロック時代の音楽を当時の古楽器で演奏する『古楽器ブーム』がおこり、再び作られるようになった。』

みなさんの家に一本は眠っているリコーダー。音を出すのはとっても簡単。そんな身近な楽器で音を合わせてみたり、リコーダーでいにしえの旅に出てみたり…。懐かしさと、新たなリコーダーの音色にきっと出会えると思います。

また続きは明日にしましょう…。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
こんにちは!
本当にまたまたお久しぶりです。
あっという間にGWも終わってしまいましたね…

みなさんに色々伝えなくてはならないことも伝えられずに今日がやってきました。笑
先日、ギターの先生から聞いたのですが、違う教室の方もHPを見て下さっていると…。本当にありがとうございます。

では、ざざっと報告!
6月ライフワンは大変なことになっています。4本コンサートを企画しています。

まず6/5は武満徹コンサートです。
ライフワンは毎月『to you』にコンサート情報を載せてもらっているのですが、今回『to you』の方から6月のお薦めコンサートの欄にこの武満徹コンサートを載せて欲しいと連絡がありました。武満徹は1930年生まれ、独学で作曲を学び、後に世界で認められるほどの才能を開花させた作曲家。作品は、コンサート・ピースから電子音楽、映画音楽、舞台音楽、ポップスまで多岐にわたる。今回は武満の親しい友人であった谷川俊太郎の作詩も多く見られる”混声合唱のための『うた』”からの楽曲をソプラノ:大島久美子、フルート:高見、ギター:徳武正和でお送りする。私も『死んだ男が残したものは』、『翼』は以前から知っていました。大島先生から『うた』のcdをダビングしてもらって、聴かせてもらったのですが、やばかったです…。すごく良い。そして、またその楽譜がショット社から出ているのですが、画集と楽譜が一緒になっていて、それまた素敵なのです。涙。清水の舞台から飛び降りて買ってしまいました。昔から未来までずっと耳に残り続けるような、シンプルで温かな曲です。私はあの歌達と出会えたことは、大きかったと思います。実は、二胡の竹内先生も『小さな空』は大好きだそうで…盛り上がりました。歌っていいですね。

6/9と11はタンゴ、タンゴ、タンゴ!
東京からは葉加瀬太郎の影武者として活躍している、マルチプレーヤーの啼鵬(ていほう)さんをバンドネオン奏者としてお招きし、ギターはまたまた徳武正和、広響からは二名でヴァイオリン鄭(ちょん)さん、コントラバス徳原さん、紅一点のピアノ渋谷さんでお送りします。
前回かなり好評だったみたいで、今回も倉敷から泊まりがけで来られる方もいらっしゃるようです。私もかなり楽しみです。前世、南米やアフリカやポリネシアンなどの気温の高い国で生まれたのでしょうか…。タンゴ、ラ・クンパルシータ…などの響きを聴くだけで、闘牛の鼻息が強くなるような気持ちでございます。

6/27は呉出身!芸大の大学卒業、大学院を休学されて文化庁からオランダに留学している多賀谷祐輔さんがライフワンにリサイタルをされます。去年開催した萩原麻未さんと同じく、小嶋素子先生の生徒さんです。同郷の若者が立派に音楽生活を送ってらっしゃるということが、本当に嬉しくなりますね。今持っているはじけるばかりの若さというエネルギーで、どの様に表現されるのかとても楽しみです。フライヤーを作るにあたり、数回メールさせてもらったのですが、とてもどっしりされた方で、ユニークそうだな…というのがファーストインプレッション。マニアックな人は大好きなので、お会いするのが楽しみです。

ではまた明日。さよなら、さよなら。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
谷真一
みなさんこんにちは…

お腹一杯で満腹感に満たされております。
大学生の頃、満腹感を通りこし、苦しいと思う迄、食べないと気が済まない時期がありました。
ご飯もどんぶり2杯。

色んな時期がありますね。笑

さて、先週の土曜日に谷真一くんのエレクトーンのコンサートがありました。
谷くんにはすでに沢山のファンが付いており、谷くんを盛り上げようと…とても温かな方ばかりでした。演奏者としては一番幸せなことではないでしょうか。柔らかな物腰の谷くんですが、打ち合わせのメールを送ってもレスポンスが早いし、コンサートに必要なものは全部用意してきてくれたりと…なかなか仕事が出来る、確実に形に変えていける力を持った方だなと思いました。

謙虚で大胆な谷くんのこれからが楽しみですね。
密かに劇団四季やブロードウェイなど…似合いそうだなと妄想を膨らませていました。
また、ライフワンでの演奏を楽しみにしています!

本当にファンの方々、盛り上げてくださいましてありがとうございました!
感謝しております!

PICT0013:1.jpg
PICT0036:1.jpg
PICT0034:1.jpg
PICT0042:1.jpg
PICT0048:1.jpg
PICT0050:1.jpg


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
中国新聞
まだまだ寒いですね…

テンションが上がらない。。。笑。いえいえ、楽しく過ごします。


さて、今日は音楽教室からのお知らせです。

先日もブログにて取り上げさせてもらった、ジャズボーカルを担当して頂いている佐藤いより先生です。明日から中国新聞の『緑地帯』で〜私のジャズライフ〜という記事を書かれるそうです。中国新聞をお持ちの方は、是非宜しくお願いします。

先日、声楽の大島先生とジャズボーカルの佐藤先生が勉強会をされたそうです。笑。
大島先生と佐藤先生の外見を見た事ある人は分かると思いますが、雰囲気がまっっっっったく違うのです。笑いが出て来るほど。
だけど、お二方ともとてもピュアな方で優しい方です。そして声を出す事に関してはマニア同士。とても有意義な時間を過ごされたそうです。ミックスボイス、ビブラート、男性と女性の発声の違い、ハスキーな声をお持ちの方のレッスンの仕方などなど。
とても興味深い時間だと思いました。色んな意味で。

一人ではどうしても限られてくる。

私は小さな世界で生活する傾向があるので、知らず知らずに頑固ごりごりでございます。
やはり人生の先輩から色んな知恵を教えてもらい、
後輩からは柔軟さを教えてもらい、
楽しく豊かに生活できたらいいですね。

佐藤先生
satou.jpg

大島先生
ooshima.jpg









固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する