多賀谷祐輔さん
tagaya 006:2.jpg

おととい無事、多賀谷祐輔さんのソロピアノリサイタルが終了しました。
その日は色々と雑事に追われ、写真を取る事が出来ず、それだけが心残り…。

演奏は2部から入って聴きましたが、とても素晴らしいものでした。また目頭が熱く。
雰囲気が今まで来て頂いた演奏家の方達とは、全く違いました。
良く上を見ながら演奏してらっしゃいましたが…いったい思い描く世界はどんなものだろう…と、とても気になり、出来れば頭の中を覗いてみたいな…と。
演奏する姿に心打たれるものがありました。

文化庁から派遣させて、オランダで勉強してらっしゃる…日本の宝ということでしょうか。
またやって下さるチャンスがありそうです!嬉しい限り。

それから、今回、小嶋素子先生って素晴らしい方だなあ…と。何度か会った事がありますが、おととい小嶋先生が現れた瞬間優しさと強さに溢れた雰囲気に、ジーンとしちゃいました。



最近のテーマ、優しさと強さかも。
意外と難しいんだよな。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ほたる
こんにちは。
みなさんいかがお過ごしですか?

私は昨晩、家族で伏谷に蛍を見に行ってきました。今月始めには志和にも足を伸ばしました。
我が家はどれだけ蛍好きなのでしょうか…

でもね…。昨日凄かったですよ…。圧巻。
蛍に包まれている…と表現すればいいのだろうか。
異次元の世界に飛ばされました。

hotaru_010_s2.jpg

どこまでも続く水田
やさしいおぼろ月は想像以上に夜を照らす
木々の湿った香り
かえるの大きな鳴き声
そして何百と光り、飛ぶ蛍

神様からのご褒美。

仕事帰りの蛍はなかなか強行スケジュールできつかったですが、
是非みなさんも時間があれば。今が旬です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
無事終了!TANGO…
CIMG2455:2.jpg


無事、二夜連続の『タンゴ』が終了しました!!!

9日は五重奏。11日は二重奏。
聴きにくる事ができなかった皆さんごめんなさい。

ほ・ん・と・に・よかったです…

私は五重奏の時は沢山お客さんが来ているし、気持ちが落ち着かなかったので一曲しか中で聴く事ができませんでしたが、二重奏はばっちり中で聴きました。

久々に涙腺がじんわり。異空間に飛ばされ、頭とかじゃなくて体に音楽が入ってくる。
後頭部がザワザワ・ビリビリしていました。
いいものはやはりいいですね。シンプルな編成だからより深く。

帰り際、お客さんの興奮が抑えられなくて、プレーヤーに何か伝えなきゃ…という場面が多く見られました。

啼鵬さんとは、最後の日にやっとお話が出来ました。職人のオーラが出まくっている方ですが、謙虚で優しくて、心が洗われました。本当に素敵な方でした。

それから広島メンバーも皆さん味わい深い方ばかりで。絵に描けそうなでこぼこ加減が面白かった。

11月には鄭さんが引き連れてくれるメンバーで弦楽器とオーボエのコンサートが一つ、渋谷さんからは『はらから』というバンドでライブを一本。ライフワンのコンサートまた増えていきそうです。

この縁をくれた徳武先生にまず感謝ですね。
なんだかんだ…徳ちゃんはいつも大忙しですね。

わくわく。

CIMG2420:2.jpgCIMG2422:2.jpgCIMG2425:2.jpgCIMG2430:2.jpgCIMG2431:2.jpgCIMG2438:2.jpgCIMG2444:2.jpgCIMG2448:2.jpg









固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
武満徹
こんにちは。
みなさんいかがお過ごしですか?

私は日月と友達のいる山口に遊びにいってきました。
沢山語らい、沢山笑いました。帰りは時間がなかったので新幹線。32分。ちょっぱやです。
連れていきたい場所があると、到着した場所は山口情報芸術センターという所。いつも美術館やホールに置いてある、素敵なフライヤーは勉強のために収集しているのですが、その時、面白い企画や良いデザインだな…なんて思っていた『山口情報芸術センター』。
ここだったのか…と、活字と映像が昨日無事結ばれました。
図書館がすんごく充実していたし、芝居や映画や個展など、どちらかといえばコンテンポラリーばかりを集めた空間だと思います。

山口の人、羨ましいな…




さて先週の土曜日に武満徹コンサートが終わりました。
みなさんに素敵な楽曲を紹介できることはとても嬉しいことです。
武満好きな方も来られていたみたいで…。本当にありがとうございます!
武満のコンサートをするのは大島先生の夢だったようです。
個人的には『死んだ男ののこしたものは』。感動しました。


1.
死んだ男の残したものは
ひとりの妻とひとりの子ども
他には何も残さなかった
墓石ひとつ残さなかった

2.
死んだ女の残したものは
しおれた花とひとりの子ども
他には何も残さなかった
着もの一枚残さなかった

3.
死んだ子どもの残したものは
ねじれた脚と乾いた涙
他には何も残さなかった
思い出ひとつ残さなかった

4.
死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残せなかった
平和ひとつ残せなかった

5.
死んだかれらの残したものは
生きてるわたし生きてるあなた
他には誰も残っていない
他には誰も残っていない

6.
死んだ歴史の残したものは
輝く今日とまた来るあした
他には何も残っていない
他には何も残っていない

ベトナム戦争のさかなに集会があり、その為に作られたそうです。
谷川俊太郎作詩、武満作曲。

今回のトリオは何度か目にしてきましたが、少しずつ熟成されているのを感じました。
3人でいるとき、なんだかほんわかとした雰囲気で、居心地良さそうだな〜といつも傍観していました。是非、またこの三人で…♬

CIMG2384:2.jpg





固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する
おはようございます♬
goldfish_beiz.jp_S00854.jpg

最近エネルギーが停滞しているな…。天気のせいかな。
なんか変なミスを沢山したり、コミュニケーションが変だったり。
活力が湧かないな…

やっぱり日光浴は私にとって、とても大切。
ギブ ミー サン。

まっ、そんな時もある。



この前の休みに新しい雑貨屋さんに入った。大好きなエキゾチックな臭いがプンプンしていた。
そしたら、そこの商品は全てフェアー・トレードの商品を扱っているらしい。食料品から衣服、アクセサリー、雑貨まで。
なんとなく最近耳にするフェアー・トレード。直訳すると『公平な貿易』。
買ったチョコの包み紙にはフェアー・トレードの詳細が書いてあった。カカオ豆の原産国、ガーナやナイジェリア、コートジボアールなどの大規模カカオ農場では、人身売買で連れて来られた何万人もの子どもたちが、休みもなしに危険な仕事に携わっている…と。

『フェアー・トレードの基準』
①生産者に仕事の機会を提供する
②事業の透明性を保つ
③生産者の資質の向上を目指す
④フェアー・トレードを推進する
⑤生産者に公正な対価を支払う
⑥性別に関わりなく平等な機会を提供する
⑦安全で健康的な労働条件を守る
⑧子供の権利を守る
⑨環境を配慮する
⑩信頼と敬意に基づいた貿易を行う

だそうです。そのチョコレートは大人が公正ば資金を得て育てられたカカオ豆だけを使用しているそうです。なるほど。また勉強になりました。

さて先日話し半ばにして終わっていたリコーダーにまつわる話。一気に伝えようとすると長くなりますね。苦笑。

藤咲真介さんという廿日市在住のホルン奏者なのですが、ホルンに限らずマルチに活動してらっしゃいます。少しお話を伺いましたが、とても穏やかで熱い方です。近くにこんなに情熱を持った人がいたんだな…となんだか嬉しくなりました。是非、みなさんにも会って欲しい方です。

藤咲真介
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。その後は国際的なホルンソリストで音楽教育者としても有名なF.Rヴェクレ女史のもと、ノルウェー・オスロにて研鑽を積む。現在はホルンだけでなく、オカリナやリコーダーの演奏にも取り組んでいる他、地元廿日市市を中心に合唱団、市民オーケストラ、吹奏楽団、オカリナ合奏団の講師を務めている。
首都圏では、こけももブラスクインテット ( http://www.kokemomo-brass.com ) として活動している。

7月から藤咲さんによってリコーダーとオカリナのワークショップを始めるつもりです。(まだ詳細は未定ですが。)まず7/10に藤咲さんにリコーダーとオカリナのコンサートをやってもらいます。是非興味がある方はお越し下さい。

それからライフワンで月に一回ジャズが聴けるようになりました!毎月最初の金曜日の7:00からです。
記念すべき第一回目は7/2!
ライフワンでもヴォーカルを教えてくださってる佐藤いよりさんの弾き語りと、パーカッションに宮本香緒理さんをお迎えします。両者ともとても素敵な女性です。
五日市でジャズが聴ける場所はあったのだろうか…。五日市が盛り上がるといいですね。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する