お盆も明けて…
ご無沙汰しております。
お盆も明けて、いかがお過ごしでしょうか。

さて、お盆によく見かける盆灯籠、これは広島(の一部地域)の習慣です。

※画像はWikipediaから
隣合わせの地域であっても知っている、知らないが分かれているみたいです。
五日市はこの習慣がある地域ですが、この記事を御覧の皆さんはどうですか。

お盆の有名な地域行事は他にも、京都の送り火や徳島の阿波踊りなどがあります。
通常とは異なる、お住いの地域の特有のものを探してみると面白いかもしれませんね。

海外でもお盆の(ような)風習がある地域とない地域があるそうです。
ヨーロッパの方はさすがにないようですね。
死者を悼むことはあっても、祖先崇拝の習慣はないのかもしれません。
クリスマスとかは違うのでしょうか?

とはいえ、亡くなった方を悼む心は同じ。
今回はヨーロッパの鎮魂歌(レクイエム)を…(無理やり)


レクイエムの詳しい説明はWikipediaにお任せするとして、有名なものはモーツァルトやヴェルディ、フォーレのものなどがあります(俗に三大レクイエムと呼ばれています)。
形式もほぼ固有のものがありますが、フォーレのものは少し独特なものになっており、通常使われる典礼文とはほぼ違った構成になっています。

今回はそのフォーレのレクイエムの白眉、第4曲の「ピエ・イエズ」を…


この曲はやはりボーイソプラノで聴くのが教会的でいいかなと、個人的には思います。
POPS歌手が歌っていたりもしますから、興味がおありの方はぜひ探してみてください。

あと、第6曲の「リベラ・メ」もいい曲ですよ。
渋いバリトン・ヴォイスが好きな方は一聴の価値あり、です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<こどもの発表会目前 | フルートとピアノのおしゃべりコンサート >>